花粉症の症状の詳細情報について

花粉症は、日常生活でよく見られているアレルギーです。花粉症の症状も一般的ですので、風邪とだいたい同じですが、区別もあります。本文では、花粉症の症状についてご紹介します。

花粉症は花粉やダニ、ハウスダストなどの異物が原因となって引き起こされるアレルギー性鼻炎の一つで、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみとなって現れる疾患のことをいいます。花粉やダニなどは1年を通して飛散していますが、特に、スギ花粉が舞う2月中旬~4月初旬が、花粉症を発症する人が極めて多い時期といわれています。

花粉症の症状はたくさんあります。例えば、鼻詰まり、口に依存した呼吸、鼻の痒み、喉/口/口唇の痒み、眼のかゆみ、充血およびまぶたのはれ、鼻水、くしゃみ、口/気道のはれ、涙目などの症状です。

広義には花粉によるアレルギー症状全てを指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを指します。狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがあります。

その他に、重症の場合は、気管支の粘膜が腫れ、のどの痛みや呼吸困難が起こることもあります。皮膚にアレルギーの花粉がつくことで肌が荒れたり、耳の中に花粉が入ることで耳にかゆみが起きることもあります。花粉症の症状が重いと、ぼーっとして熱っぽい、だるく倦怠感がある、頭が重いといった全身症状をともなう場合もあります。

Copyright アレルギーと花粉症の情報センター 2017
FixedWidget