花粉症の原因は何でしょうか?

花粉症は、スギなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。では、花粉症の原因はいったいなんでしょうか?本文は花粉症の原因についての情報をご紹介します。

花粉症の原因植物は大きく樹木と草花に分けられ、代表的植物はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバなどですが、日本の花粉症患者の約80%はスギ花粉が原因で発症しているといわれており、いずれの植物も風によって花粉が運ばれるという共通点があります。日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物がアレルギーの花粉症を引き起こすとされています。

そして、秋と冬も花粉症があります。12月の花粉症の原因となる種類は後ほど述べますが、冬寒さが嫌で部屋の換気をあまりしなかったり掃除をおろそかにしていることによるハウスダストでのアレルギー性鼻炎が原因で花粉症のような症状を起こしている方も多いのが12月と報告されています。

また、アレルギー性の病気には遺伝が深く関わっています。つまり、花粉症にも遺伝が関わっています。両親にスギ花粉症がある場合、子供がかかる可能性は55~60%、片親だけが花粉症の場合は子供は30~50%、両親ともに花粉症でない場合は、10~30%の子供がかかるというデータがあります。そして、生活習慣や環境も花粉症に大きい影響があります。

Copyright アレルギーと花粉症の情報センター 2017
FixedWidget